食べ物と汽車が好きな人のための書評

名作の中の食べ物、作家が好きな食べ物と旅を追って、本の森を歩こう

中落合 中太郎
(C)Chutaro.Nakaochiai
ミカンを皮ごと食べた?富士山頂の越冬気象観測をした夫婦『芙蓉の人』新田次郎
<明治という時代と野中到と妻、千代子>
野中到は日本に高層観測所がないことを憂い、私費で富士山頂に気象観測所を設置するため明治22年(1889)、東京大学予備門(後の第一高等学校、東京大学教養学部)を中退して気象学を学んだ。当時、3776mという高地で冬季の気象観測をしている国はなかった。
最初は批判的であった東京控訴院(現東京高等裁判所)判事である到の父、勝良は、中央気象台技師和田雄治と東京天文台長の寺尾博士から、世界において富士山より高いところにある高層観測所は二山だけである。しかも夏期しか観測していない。
「もし、富士山で冬期の気象観測に成功したら、それこそ世界記録を作ることであり、国威を発揚することである」
と聞いてから積極的に応援するようになった。資金捻出のため、女中と書生を置くことをやめ、福岡県の旧宅を売り払った。到の妻、千代子との間には2歳の娘園子がいた。千代子は、到が御殿場に滞在して観測所建設の指揮を執ると姑の反対を押し切って、御殿場に向かい会計を担当した。到の計画は綿密であったが千代子の見るところ食料品や衣料品の準備に甘さがあると感じた。千代子は御殿場でそれらの調達を担当しながら、ひそかに決意をする。自分も夫と共に富士山頂で越冬観測をしよう。明治25年(1892)の話である。
御殿場の到の宿舎である旅館の主人佐藤與平治は人員の手配や物品の調達など親身に応援してくれた。千代子は與平治にいう。
「おじいさん…私は主人の後を追って富士山へ登るつもりです。主人を一人で山の中に置くようなことはできません」舅、姑は勿論、夫も許さないのは自明のことである。しかしとうとう彼女は婚家と実家の親たちを押し切ってしまう。福岡の実家で防寒具を整え、山で足腰を鍛える。
芙蓉の人 (文春文庫)
芙蓉の人 (文春文庫)
新田 次郎

<過酷な冬の富士山頂>
新田次郎さんは、日本を代表する作家であり、近年は『国家の品格』の作者藤原正彦さんの父として知られる。同時に気象庁で永年、気象観測の実務に携わり、富士山レーダーの建設では測器課長として現場の責任者でもあった。また、昭和7年(1932)から12年(1937)まで富士山測候所に勤務した。作家デビュー以前に野中到氏本人にも会っている。それゆえ、富士山頂の冬の苛烈さの描写は鬼気せまるものがある。高山病に苦しむ野中夫妻の惨状がひしひしと伝わってくる。

<野中千代子は新しい時代を象徴する女性か>
作者の新田次郎さんは、あとがきでこう述べておられる。
「野中千代子は明治の女の代表であった。新しい日本を背負って立つ健気な女性であった。封建社会の殻を破って日本女性此処にあり、と、その存在を世界に示した最初の女性は、野中千代子ではなかったろうか」
中太郎は、野中到氏や勝良氏は、明治という時代を象徴する人物であると思う。息子は自らの夢のために一筋に進む。父は私財をなげうち、息子の夢であり、世界最初の高層観測所という名誉のために、見返りを求めずに打ち込む。この初々しい国家を自分たちが担っているのだ、という気概がこの父子に満ちている。この物語は日清戦争と同時代である。司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』であきらかなようにこの時代の人々は己がやらなくてはこの国家はどうなる、という気負いと明るさがあったと思う。そういう気分がこの父子と周囲の人々にうかがえる。
 千代子が現代の女性なら
「主人が富士山に行くのは自由です。でも、私は私のやりたいことがありますから」
というであろう。あるいは母として野中家の主婦としてこういうであろう。
「冬の富士山に一人でこもるなどとんでもない。娘や私はどうなるのです。もっと夫として責任を感じてください」
 
続きを読む >>
| 中落合中太郎 | 新田次郎 | 06:03 | comments(0) | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 超能力新聞記者があふれる日本のマスメディア-『ジャーナリズム崩壊』上杉隆(幻冬舎新書)
    憂国 (01/21)
  • 超能力新聞記者があふれる日本のマスメディア-『ジャーナリズム崩壊』上杉隆(幻冬舎新書)
    (07/23)
  • 北カリフォルニアのミカン畑に行く。<湯葉シティYuba CityのKenzo Sushi>―おふくろ様カルフォルニアご親戚訪問同行記その7
    中落合中太郎 (09/23)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE