食べ物と汽車が好きな人のための書評

名作の中の食べ物、作家が好きな食べ物と旅を追って、本の森を歩こう

中落合 中太郎
(C)Chutaro.Nakaochiai
村上春樹が語る「外国語会話上達法」―『村上朝日堂はいほー!』by村上春樹
評価:
村上 春樹
講談社
¥ 1,427
(1994-02-18)

<村上春樹さんの英会話論>
以下、青字は村上作品からの引用である。黒字は中太郎の意見である。

僕は断言してもいいけれど、その辺の町の英会話教室で英会話を身につけるのはまず無理である。

ごく当たり前の一般市民にとっては、英会話教室なんてはっきり言って――まあ頭の訓練にはなるかもしれないけれど―授業料と時間の無駄づかいだろう。(『村上朝日堂 はいほー!』新潮文庫平成4年刊「Can you speak English?」より)

夏休みである。
夏休みだから、ひとつ英会話の集中講座で英会話をモノにしてやろう、というひとには、村上さんの意見は気の毒だ。


<日本人の英会話学習の基本的な間違い>

世の中の多くの人は外国語会話というのを後天的に身につけることのできる純粋な技術として捉えて考えているように見える。

しかるべき単語を上手に暗記し、発音を矯正し、場数を踏めば誰でも英会話に堪能になれるのだというふうに。

巷に英会話教室が溢れ、書店にはテープやら本やらが山積みになりながら、きちんとした英会話能力を身につけたひとがあまり見当たらないという事態が生じるのだ。(『村上朝日堂 はいほー!』新潮文庫より)


<日本語でコミニュケーションできない人が外国語でうまく話せるわけがない>
日本語で歌って音痴な人が英語で歌っても音痴なのと同じ理屈ではないですか?

日本語で文章を書くのが苦手な人がどれだけ英作文を習ってもおのずから限界があるのと同じである。。(『村上朝日堂 はいほー!』新潮文庫平成4年刊「Can you speak English?」より)

<じゃあどうすれば英会話が身につくのか>
ただ、僕の経験からいうと、外国語というのは、必要に迫られればある程度は話せるようになる。逆に言えば、必要に迫られなければまず駄目だ。

必要性というのが語学習得のための重要な要素であることは経験的に言ってまず、間違いのないところである。

「必要性」という村上さんの話で中太郎は気づいたのだが、中学、高校で勉強した英語(英会話ではない)がまがりなりにも身についた。

それはよい高校、よい大学に入学するという「必要性」があったからだと、いま気づいた。

じゃあ、いま、文京区千石の主婦35歳に英会話習得の強い「必要性」があるのだろうか?

<幼児のための英会話教室はよくわからない>
普通の六歳の子どもがどうしてバイリンガルにならなければならなくちゃいけないのか僕には全然理解出来ない。

日本語もちゃんとできない子供が表層的にちょこっとバイリンガルができてそこに何の意味があるのだろう?

才能か必要性があれば、子供英会話教室に通わなくたって英会話は人生のどこかの段階でちゃんとできるようになる。

<英会話が必要なひとは>

大事なことはまず自分という人間がどういうものに興味があるのかを見定めることだろう。

日本語の真の会話がそこから始まるのと同じように、英語の会話だってそこから始まる。

僕は高校時代アメリカの小説ばかり読んでいたから、まず、読み書きから英語にはいり、そこから会話に入っていった。

(英会話は)今でも得意とはいえない。訥々とした不器用な喋り方である。発音だってヤクザである。うまくさっと言葉が出てこない。でも、それが僕という人間なのだ。


村上さんの文学賞受賞の講演を聞くと、サリンジャーやフィッツジェラルドの翻訳者であり、プリンストンやハーバードで教鞭をとっていた経歴からすると流暢とは言いがたい。

中太郎の分際でいえたことではないが。

<村上さんからアドバイス―『やがて哀しき外国語』講談社文庫より>

外国人に外国語で自分の気持を正確に伝えるコツというのはこういうことである。

ー分が何を言いたいのかということをまず自分がはっきりと把握すること。そしてそのポイントをなるべく早い機会にまず短い言葉で明確にすること。

例えば、中太郎がカリフォルニアに行って「どこを見たいか」聞かれてこう答えたとする。

メジャーリーグに日本人は沢山いるけどね。松井とかイチローとか。サンフランシスコジャイアンツには新庄がいたんだが今はいない。ドジャースの斎藤はボストンに行っちゃった。日本のジャイアンツがキライなんでオレはどっちかというとドジャースだな。

要点がはっきりしない。村上さんいわく、
そしてそのポイントをなるべく早い機会にまず短い言葉で明確にすること。

だから、こう言おう。

オレはドジャースの試合が観たい。
見られるならサンフランシスコジャイアンツでもいい。
これだよね。ポイントは。

日本のメジャーリーガーとか東京のジャイアンツなんて話は通じなくてもいいでしょ。
メジャーリーグ観戦が出来れば。

⊆分がきちんと理解しているシンプルな言葉で語ること。難しい言葉、カッコいい言葉、思わせぶりな言葉は不要である。

大学入試用の英語は難しい単語を沢山使って、かっこいい言い回しをするのがエライ、という風潮を作ったと思う。

中太郎がアメリカ遊学中に作文の先生にいわれたのは、
「多いといいたいならmanyでいい。 関係詞や接続詞を使ってつなげるな。 複雑な文を作るな」
だった。 

「それからジョークはいらない」
ともいわれた。
スキーは好きだが、ウィスキーは好きじゃない、とかね。言ってたのよ。



B膸な部分はできるだけパラフレーズする(言い換える)こと。ゆっくりとしゃべること。できれば簡単な比喩を入れる。

例えば、「同じ仏教寺院ですが長谷寺は浄土宗で覚園寺は真言宗なんです」

といっても、よほど日本仏教に詳しい外国人以外には意味のない説明だ。

比喩を用いて言い換える。

「長谷寺は浄土宗に属しています。覚園寺は真言宗です。同じ仏教寺院ですが、少し違います。日本仏教にはたくさんの宗派があります。例えば、メソジスト教会とプレスビテリアン教会の違いみたいに」

といえばなんとなくわかるだろう。

「どうちがうの?」
と聞かれたら、

そうですね。こういいますか。
「大事にするお経が違います。宗祖が違います。日本では宗祖を大事にします。儀式が違います」

「どうちがうの?」
さらに聞かれたら
お手上げですが…。

<いわゆる英作文ではない。英語で作文を書く事を勧めます>

 日本人は作文が好きだ。
ブログもツイッターも携帯メールも作文だ。ラジオへの投稿も作文だ。
 
のべつ幕無しに作文している。
それを自分が必要としている外国語で書けばよい。

英会話教室に行って、外国人相手に

先生:スープはなんにしますか。
生徒:トマトスープをお願いします。
先生:ステーキの焼き方はどうしますか。
生徒:ミディアムでお願いします。

こんな定型文をなんど繰り返して覚えても自分の興味がなければ時間と金の無駄でしょ。


難しい単語や言い回しを暗記しても、自分の言いたいことが英語で表現できなければ、何時まで経っても、「私は英語ができない」という劣等感と「英語ができるようになりたい」という渇望感が途切れない。

自分が好きなことや訴えたいことを英語で作文するほうが身につく。

理想は、それを添削してくれる先生を手に入れることだ。

<中学、高校の英語授業は毎日、自由作文を>

野球部の子は野球をテーマに、漫画の好きな子は漫画をテーマに、作文する。
先生はそれを読んで添削したりアドバイスする。

生徒のほうが詳しいこともある。衝突する。

「ぼくは本当はこうかきたいんです」
「ぼくが言いたいことはこうなんです」

と、先生と生徒がやりあう授業。
いまの英語の先生のノウハウが生きる。

それが生徒ひとりひとりにとって役に立つ外国語を身につける教育だと中太郎は思う。

新しい教材もいらない。
外国人教師もいらない。
英会話授業もいらない。


| 中落合中太郎 | 村上春樹 | 22:39 | comments(0) | - | pookmark |
裸でカレー、裸で家事―「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか」
<全裸家事主婦クラブ通信>
「秋夜中 カレー混ぜるとき裸」朝倉晴美―という俳句が毎日新聞9月30日朝刊に載っていた。解説の坪内稔典さんが「不思議な句だ」「エロかグロか」と書いておられた。朝倉さんは1969年生まれということだ。どうして夜中にカレーを裸で?と想像して楽しむのが短歌、俳句ではないか、と思う。俵万智さんの「この味がいいねと君が言ったから7月6日はサラダ記念日」という歌。「君」は夫ではなくて恋人。朝食のサラダか?それとも夕食か?朝食だそうである。このサラダはどんなサラダ?フレンチサラダ?それともポテトサラダ?朝からポテトは茹でないだろう!グリーンサラダ?ドレッシングはイタリアン?男が好きなマヨネーズ?朝食って事は、君と「私」は夜どうしたの?
ラジオでこんな話を聞いた。たぶん「小沢昭一的こころ…」。
カレーを裸で作る話に戻る。女性が夜中にカレーを作る、ていうより多分、夕食に作ったカレーを温めているんじゃないか、と中太郎は想像している。ところでこの表題の全裸家事主婦クラブ通信は中太郎の創作ではなく、村上春樹さんの「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか」(1997年朝日新聞社)のなかの一章の表題からいただいた。このエッセイは週刊朝日に連載していたものをまとめたものだ。ムラカミさんが全裸で家事をしていてレイプされてしまった、どうしたらいいでしょうというアメリカの主婦の人生相談の話を「こんなのアリ?」と紹介したのに対して全国の全裸家事主婦の皆さんからの怒りのお便りが週刊朝日にとどいてびびったムラカミさんが表題のようなエッセイを書いたのである。
続きを読む >>
| 中落合中太郎 | 村上春樹 | 22:47 | comments(0) | - | pookmark |
「奥さんは何をしているか」−元気なアメリカの女の人たち『やがて哀しき外国語』by村上春樹
すげえなー。美人だよなー。というのが共和党の大統領候補マケイン上院議員夫人シンディーさんの印象だ。
グーグルでシンディーといれると「シンディークロフォード?」って聞いてきたけど、負けてないよ〜。シンディーさんのお父さんはアンハイザーブッシュの発売元というからThe King of Beersのバドワイザーの販売権を握っている大金持ち。彼女の経歴を見るとサザンカリフォルニア大学で教育学士を得た後、同大学院でspecial educationの修士号を取った。スペシャルな教育って何やというと、精神的、肉体的に学習の特別な補助が必要な子供への教育という。日本では特別支援教育というようである。シンディーさんは大学院を終えてからAgua Fria高校でダウン症児や障害児への特殊支援教育に従事した。マケインさんと結婚してからAmerican Voluntary Medical TeamというNPOを組織。災害や戦争で被害を受けた第3世界の国にいち早く医師や看護師を送って救急医療を行っている。<これらの資料は特に断りの無い限りWikipediaを参考にしています。Thanks for Wikipedia>マケインさんとの間に二男一女を設けさらにサイクロンで被害を受けたバングラデシュの女の子、ブリジットを養女に迎えた。54年生まれの54歳。ちなみにサザンカリフォルニア大学ではチアリーダーも務めた。とにかく美人、金持ち、頭いい、スタイルはモデル級というスーパーママである。

「奥さんは何をしているの?」
ええー。中太郎はマケイン陣営の宣伝をしているわけではありません。シンディーさんだけでなく大統領候補選びを戦う、ヒラリー・クリントン上院議員やミシェル・オバマさんなどきらきらと知性に輝く女性たちを見ていて思い出した村上春樹さんのエッセイの紹介をします。
やがて哀しき外国語 (講談社文庫)
やがて哀しき外国語 (講談社文庫)
村上 春樹

『やがて哀しき外国語』は前にちょっと紹介したのだがムラカミさんが1991年ごろプリンストン大学とハーバード大学で教えていたときのことを書いたエッセイである。スノビッシュなアイビーの教授連の観察など面白い。その中のコラム「元気な女の人たちについての考察」によるとムラカミさんがアメリカで必ず聞かれる三つの質問は
.▲瓮螢の住み心地はどうか?
英語で小説を書くつもりか?
1さんは何をしているか?
、である。女性は必ずを聞く、そうである。最初、ムラカミさんは、
「何もしていません。ただのハウスワイフです」
と答えていたのだが、「相手のいささかこわばった顔」がそれが期待された答えでない、と知らせてくる。それでムラカミさんは、
「彼女は僕の個人的な秘書権編集者的な仕事をしています」
と説明することにした。でも、アメリカの女性たちは満足しない。
「それだけでは夫の仕事を従属的に手伝っているだけじゃないかと彼女たちはおもうのである」。
それでムラカミさんは奥の手を出してきて
「実は彼女は写真をやっているんです」
村上さんがヨーロッパにいるとき奥さんは写真を担当して小さな写真集を出したこともある。そこでくだんの女性たちは安心して、
「『それは素晴らしいことだ。これからも一緒にそういう仕事をするといい』
そういうようなことをいってにっこりする」そうである。
ムラカミさんは「これはアメリカ東部の知識階級社会に特に顕著に見られる傾向なのかも知れないけれど」とことわって、
「うちの奥さんはアメリカに来てからホームレスの問題に興味を持って、毎日ホームレスの為の給食センターで奉仕活動をし、週に2回はヘブライ語の教室に通って、ゆくゆくはヘブライ語文学を日本に紹介しようと思っているようです」
というような説明だとアメリカの女性たちはおおいに納得してしまうようだ、と書いている。これを読むとううーんなるほどなあ!と中太郎もうなずく。ちょっと以下の文を読んで欲しい。<以下続く>
続きを読む >>
| 中落合中太郎 | 村上春樹 | 09:45 | comments(0) | - | pookmark |
サミュエル・アダムズ―『走ることについて語るときに僕の語ること』村上春樹
JUGEMテーマ:グルメ
僕はこの本を「メモワール」のようなものだと考えている。個人史というほど大層なものでもないが、


村上さんが真正面から自分のことを語るのはこの本がはじめてだと思う。

走ることや彼の世の中に対する考えは彼のエッセイで断片的に、時にオチャラケて、語られてきたけれど、こんなにまとまって語られる事はなかった。

中太郎は思った。「どうしたんだろう?写真もいっぱい載ってるし」

日本のメディアへの露出を嫌っていることを公言している村上さんに何が起こっているのだろうか、

というようなまじめな感想は、他の熱心なハルキファンのブログで読んでもらうとしてサミュエル・アダムズである。

ボストンでの生活には、生ビール(サミュエル・アダムズのサマーエール)とダンキンドーナツは欠かせないものだが、

sam

ギネス、サミュエル・アダムズはコレクト。バドはインコレクト。

写真中央がサミュエル・アダムズのラガー。
残念ながらサムアダムズのサマーエールやオクトーバーフェストは日本では無理らしい。


村上さんはこの本の中で何度かサミュエル・アダムズにふれている。

本書第8章「死ぬまで18歳」では、彼のハーバード大学での2度目(確か?)の滞在任期を終えるにあたって再び、サム・アダムズとダンキンドーナッツ!と叫んでいる。

本当に名残り惜しそうである。村上さんがサム・アダムズにふれるのはこれが初めてではない。

1992年からニュージャージー州のプリンストン大学とマサチューセッツ州のハーバード大学に滞在したときのエッセイ『やがて哀しき外国語』講談社文庫刊−の中でニューイングランドのハイソな教授たちのビール観を紹介する中に出てくる。

プリンストン大学の関係者はだいたいにおいて輸入ビールを好んで飲むようである。

ハイネケンか、
ギネスか、ベックか、そのあたりを飲んでおけば正しきこと」とみなされる。
『やがて哀しき外国語』より。

ただ、サミュエル・アダムズやアンカー・スティームはバドやミラーのようにテレビでばんばん広告をうっていないので許される、と書いている。

村上さんは実はバド・ドライが好きなのだが、バドはプリンストンの教授連からは労働者階級のビールとみなされているので、バドはこっそり家で飲んで外ではもっぱらハイネケンやギネスを飲むことにしている。

また、不意の来客のために非アメリカビールを常に冷蔵庫に冷やしている、と書いている。そして、「大学スノビズムの興亡」という章の後日附記で、

このサミュエル・アダムズが秋に出すちょっとダークな<オクトーバーフェスト>は僕の好物である。

とサム・アダムズへの傾斜が深まったことを告白している。

そりゃまあ、僕はビールを飲むのが好きだけど―『村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』(1997年 朝日新聞社刊)

ここでは村上さんがビールのCM出演依頼に広告代理店の担当者にベネチアまで追いかけられた話が出ている。

なぜビールのCMなのか、と彼は煩悶しているが彼には答えがわかっているはずである。

『走ることについて語るときに僕の語ること』にはなしを戻す。


<村上春樹・アテネオリンピック2004のマラソンコースを走る>

凍りつくくらいぴりぴりに冷えたビールが飲みたいなあと思う「第3章真夏のアテネで最初の42.195キロを走る」より

どれだけ水分を補給してもあっという間に喉が渇いてしまう。きりっと冷えたビールが飲みたい「同章」

マラトン村の朝のカフェで、僕は心ゆくまで冷えたアムステル・ビールを飲む。ビールはもちろんうまい「同章」、

これは村上さんが古代ギリシャのマラソンコースをアテネからマラトンまで走ったことをつづった章である。
飲みたくなったでしょう?ビール。ほんとうにおいしそうです。しかしランナーっていうのはビールのことばっかり考えてるもんなんですなあ。

ところで、村上さんは野口みずきより先にアテネのマラソンコースを走ったということだよね。

走ることについて語るときに僕の語ること
走ることについて語るときに僕の語ること
村上 春樹

<サミュエル・アダムズはいかなる料理にも合わない―中太郎>

サミュエル・アダムズのラガーは日本ビール蠅輸入しています。

中太郎も近くのスーパーで買いました。通販もあると思います。

詳しくはサミュエル・アダムズのサイトをご覧ください。

発泡酒や第3階級のビールに慣れた舌には実に異質です。好き、嫌い、はっきり分かれると思う。

ふくいくとした香気、クリーミーな泡(きりっと冷やして。グラスも)、こくのある味わい。

美味しいものを食べながらだとどちらも殺してしまう。

サムアダムズはサムアダムズだけを味わうといい。

『アリーmy ラブ』の中でリチャード・フィッシュがよく小瓶をラッパ飲みしていたがあれはサムアダムズかな?

<20年ぶりのバドワイザーはうまかった>

ところで撮影のためにキリンが発売している国産バドを20年ぶりに飲んだがけっこうコクがあってうまい。

ションベンビールといわれたバド。20年前はサントリーが売っていた。

あの時は本当にうすく感じた。味を変えたのか?私が変わったのか?たぶん後者だろう。

ちなみに村上春樹さんは日本のビールではサッポロの黒が好きだと書いていたと思います。
| 中落合中太郎 | 村上春樹 | 15:43 | comments(0) | - | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 超能力新聞記者があふれる日本のマスメディア-『ジャーナリズム崩壊』上杉隆(幻冬舎新書)
    憂国 (01/21)
  • 超能力新聞記者があふれる日本のマスメディア-『ジャーナリズム崩壊』上杉隆(幻冬舎新書)
    (07/23)
  • 北カリフォルニアのミカン畑に行く。<湯葉シティYuba CityのKenzo Sushi>―おふくろ様カルフォルニアご親戚訪問同行記その7
    中落合中太郎 (09/23)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE