食べ物と汽車が好きな人のための書評

名作の中の食べ物、作家が好きな食べ物と旅を追って、本の森を歩こう

中落合 中太郎
(C)Chutaro.Nakaochiai
アップルの完勝!スマートフォン訴訟・アップル対サムスン

米特許訴訟 追い詰められたサムスン
8月26日の韓国中央日報の日本語版ウェブページはこの見出しでアメリカのカリフォルニア連邦地方裁判所(サンノゼ市)で争われているアップルとサムスンのスマートフォンの特許侵害訴訟の評決結果を報じています。

くわしくはこちらをご覧ください。
http://japanese.joins.com/article/225/158225.html?servcode=300&sectcode=300


賠償額は10億ドル

事実上アップル完勝の評決を下し、サムスン電子は約10億5千万ドルの賠償支払いを命じられました。

賠償額はさらに増える

中央日報の記事によれば、「アップルは評決額の最大三倍まで請求できる」ということです。

懲罰的賠償(putive-damage)の追加の可能性

 
陪審員の評決は最終判決ではないので裁判官によって評決と異なる判決が出る可能性もありますが、その可能性は少ないようです。
サムスンは異議を申立て、異議が通らないときは連邦高等裁判所へ控訴する方針です。しかし、その後の訴訟の状況によっては賠償額はさらに増えるのではないかということです。

その理由はサムスンは故意に特許権を侵害した(wilfully infringed Apple's patents)と評決が認定しているからです判決によっては10億5千万ドルの賠償額を超える懲罰的賠償がサムスンに課される可能性も否定できません。

San Hose Mercury NewsのウェブサイトSiliconValley.comのJury foremanさんの記事は今回の裁判の陪審員をつとめるヴェルビン・ホーガン(Velvin.Hogan)さんのインタビューを掲載しています。

くわしくはこちらをご覧ください。
http://www.siliconvalley.com/apple-vs-samsung/ci_21400423/jury-foreman-apple-v-samsung-verdict-message-that-copying-risk


以下はSiliconValley.comの記事を翻訳したものを参考に書いています。
最大の証拠はサムスン社内のメールと報告書

ホーガン陪審員はサムスンの違法行為(misconduct)の最大の証拠は、サムスン首脳部が取り交わしたメールや報告がアイフォーンと初期のサムスンのスマートフォンは天と地ほどの差があると述べている、また、サムスン首脳部がアイフォーンのフィーチャーを複製すべきだとほのめかしている(iphone's features should be duplicated)

Googleの警告を無視した
陪審員を大きく動かしたもう一つのものはアンドロイドOSを供給しているグーグルが「サムスン製品はあまりにもアップルの製品に類似している」(its products were too similar to Apple's)と警告していたことでした。

ホーガン陪審員はいいます。
「サムスンは法的な問題を避けるため製品を改良する時間があったのです。サムスンはリスクを承知だったのだ、と私たちは思いました(In our way of thinking,they took a calculated risk)」

タブレット端末はシロ
サムスンのギャラクシー10.1タブレット端末がアイフォーンのコピーだという主張は受け入れられませんでした。ホーガン氏は言います。「サムスンのタブレット端末は全く別のものだ(distinctively different)と私は見ています。

以上。



| 中落合中太郎 | NPRを聞こう読もう | 06:23 | comments(0) | - | pookmark |
A year after tsunami by John M.Glionnaロサンゼルスタイムズによる震災1年後の日本
JUGEMテーマ:原発
JUGEMテーマ:原発事故、その後の影響
ロサンゼルスタイムズ 3月11日 John M.Glionna記者の記事を読んで。
この記述はGlionna記者の記事を読んで筆者が個人的に翻訳したものに基づいている。
くわしくはlatimes.comの原文を確認してください。

 http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-japan-quake-trust-20120311,0,5531592.story
This article is written by a private tranlation of the article by Mr.Glionna on latimes.com. To know his real report, please check the site latimes.com. latimes.comより

標題:A year after tsunami, a cloud of distrust hangs over Japan
by John M.Glionna Los Angeles Times from Tokyo

日本のメディアから聞こえてこないFUKUSHIMA と TOKYO
魚の放射能は?つめよる母親、
線量計で食品の抜き取り検査する市民
福島からの避難民に対する猜疑心

僕は原発再稼働を急げ、と社説に掲げ毎日、原発再稼働キャンペーンを張っている産経新聞を購読しているので、この記事はとても新鮮であった。

ロサンゼルスタイムズの紹介記事だとGlionna記者はニューヨークタイムズのワシントン支局からキャリアを始め、カンザスシティスターの記者などを経て現在はロサンゼルスタイムズのアジア担当記者である。おもに北京駐在だがソウルに家を買ったそうである。
 
<市民のインタビュー>
この記事は福島原発をテーマに書かれているがその舞台はおもに東京である。東京の魚屋さん、電器店、スーパーなどで市民にインタビューしている。日本の原子力政策にくわしい日米の学者の意見ものせている。

<食への不安・店員につめよる母親>
渋谷の食品店の魚売り場のベテラン店員しまださんへのインタビュー しまださんはベビーカー押したお母さんたちに囲まれて詰問されていた。いわく、魚が福島近海産でないと証明しろ、といわれている。しまださんはインタビュ-で「政府が魚の放射線量をチェックしています、といいます。でも、お母さんたちは政府を信用していない。なにも信用していない」そして福島の事故から1年たっても母親たちが食べ物に恐怖をいだいている、と話している。
 
<市民団体による魚の抜き取り調査>
市民団体が線量計で街々の魚の放射線量の抜き取り調査をしていることを伝えている。また、都内の電器店の店員にインタビューして線量計やガイガーカウンターを求める客がものすごくこれらの機械に詳しい、という店員の驚きをレポートしている。

<政府や報道機関への不信>
"Many Japanese feel they've been lied to by their government," said Mitsuhiro Fukao,
これらの都民の行動や言動が日本政府や報道機関の不信に起因しているという。「政府が自分たちに嘘をついていた、と多くの日本人が感じています」という深尾慶応大学教授の言葉をつたえている。
「人々は災害の時、政府に助けてもらいたいのです。嘘をついてほしいとは思わない」 

<政府の隠ぺいと官僚への不信>
津波で冷却装置がだめになって3基の原子炉でメルトダウンが起きていながら、官僚は海岸の原発は全部、問題がない、と言い張った。

<福島から?放射能?避難者への冷たい視線>

Evacuees in Tokyo and elsewhere have been looked on with suspicion as potentially exposing their new neighbors to radiation.

東京でもどこでも福島原発周辺から避難してきた人たちは疑いの目でみられる。すなわち避難者が彼らの新しい隣人をひそかに放射線の危険にさらすのではないか、というのである。

 

Apartment dwellers have complained of cooking smells or noises that were unusual only in that they were produced by former Fukushima residents.
料理
の匂いや聞きなれない音に対して福島から引っ越してきた者だけがアパートの住人から苦情をいわれる


HiroshimaとFukushima
前述の避難民に対する市民の猜疑心やがれき処理の受け入れが進まないことは
唯一の被曝国の国民である日本人の放射能に対する独特の考えと関係がある、という例として、アイダホ大学のトクヒロ教授のコメント
"After the bombing of Hiroshima, female survivors were seen as damaged and had a hard time finding husbands," said Akira Tokuhiro,
と小池百合子元防衛大臣の論文の引用を載せている。

As the world's only victim of a nuclear attack, Japan's allergy to radiation is stronger than anywhere else."



渋谷のレストランオーナーの絶望的なコメントでレポートは終わる
記者は渋谷のスーパーで野菜を仕入れに来た62歳のレストランオーナーに聞いた。そこには日本のテレビや新聞には見られない日本人がいた。

"Look at these vegetables — they look safe, but maybe they aren't," he said. "I'm worried, but there's nothing I can do. I just have to buy this stuff. We all have to eat."
この野菜を見てください。安全そうに見えるけど、たぶんだめですよ。
不安ですよ。でも、私に何ができますか?これを買うしかないんです。私たちはみんな、これを食べるしかないんです。

<ニュースソースを明確にした記事>

インタビューした市民は渋谷のベテラン魚販売員、29歳のOL、レストランオーナー、線量計を売る電器店員。電器店員をのぞいてすべて実名で登場している。

コメントや著書を引用した学者や政治家は、慶応大学の深尾教授、菅直人前総理、アイダホ大学のトクヒロ教授、小池百合子元防衛大臣、パデュー大学のアルドリッチ教授−ソースをあきらかにしている。

日本の新聞が年中使う「関係筋は」とか、「ある市民は」という書き方は抑えている。

この記事と僕のつたない翻訳がすべて真実だとはいわない。しかし、週刊誌はべつとして、日本の新聞でこういう記事は読んだことがない。

少なくともロサンゼルスの読者はこの記事を通して「あれから1年後の日本」を知ったのだ。

読者のコメントが同記事のサイトによせられている。いくつか紹介する。

Vincentさん
地震から1年。アメリカ地質調査所(USGS)はサンディエゴにいたる海岸線が100フィート以上の津波の危険にさらされている事実をワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州の州民に知らせていない。

Donnさん
「核攻撃の犠牲となった唯一の国」
日本は「核攻撃の犠牲者」ではない。こういうコメントは歴史を書き換えようとするものだ。合衆国は日本と戦争状態にあったのだ。南京の歴史を読みたまえ。そこで日本人は何をしたか。フィリピンや韓国で…。

DGilmoreSCさん
カリフォルニア・ニュークリア・イニシャティブにサインをお願いします。私たちはSan Onofreと Diablo Canyon両原発の閉鎖をするしかありません。政府は我々を守ってくれません。我々は自分で自分を守るしかないのです…。

| 中落合中太郎 | 外国の震災報道 | 06:33 | comments(0) | - | pookmark |
「ある日系人の肖像」著者ニーナ・ルヴォワルについて思うこと--Southland,Author Nina.Revoyr
評価:
Nina Revoyr
Akashic Books
¥ 1,227
(2003-03)

評価:
Nina Revoyr
Akashic Books
¥ 1,613
(2011-02-08)

< 日本人の母とポーランド系米人の父>

ニーナ・ルヴォワルというカタカナから私はフランス系のアメリカ人を想像したが、父はポーランド系アメリカ人で母は日本人である。

 <東京からウィスコンシンの小さな村へ>
東京で生まれ、5歳まで東京と京都で暮らしたあと、ウィスコンシン州の小さな町に移った。日本では外人として見られ、ウィスコンシンではたった一人のアジア系非白人という経験をした。
9歳の時ロサンゼルスに引っ越して「生まれて初めて疎外感から解放」された、と「ある日本人の肖像」日本版へのまえがきに書いている。


<新作Wingshooterは自伝?>

2011年3月に新作"Wingshooter"を発表した。ニーナ・ルヴォワルのサイトから荒っぽく和訳したあらすじはこうだ。

主人公ミシェルの母は日本人。日本で生まれたがウィスコンシンの村で父方の祖父母と暮らすことになった。ハンターでありかつてマイナーリーグでプレーしたこともある。村で最も尊敬される人物だ。
祖父は息子の結婚に反対だった。しかし、その孫にはメロメロだった。

ミシェール(Wingshootersの主人公)の父はジャーナリストらしい。’64年の東京オリンピックのとき放送にたずさわったり、新聞に原稿を書いた。母は日本生まれの日本育ちの日本人。ウィスコンシン州マディソンの大学に留学していたとき、父と出会った。

ウィスコンシン州というと…。今調べたのだがミルウォーキーとグリーンベイがある。つまりBrewers(野茂がいた)とPackers(今年のスーパーボウル覇者)か。


そのあとどうなったのか読んでないが、60年代に日本で暮らし、ミシェールが生まれ、70年代ミシェールはウィスコンシンの片田舎どころか大田舎で暮らすことになった。

70年代、ベトナム戦争は継続中である。第二次大戦、朝鮮戦争の退役軍人は働き盛りだ。

The Brooklynrailという書評サイトにwingshootersの抜粋が載っている。Wingshootersへの興味をそそられる内容だ。と、同時に著者Ninaのbiographyにある、東京と京都で暮らした後ウィスコンシン州の小さな村での著者の暮らしが本書と重なるような気がする。

<日本生まれの少女のアメリカの田舎暮らし>

それがどんなものだったか、わかる一部を抜粋する。

“Your daddy’s a Jap-lover!” a girl hissed behind me.
“Yeah,” said her friend, “I heard her mama’s a geisha whore.”

“That can’t be,” said the first girl. “’Cos geishas are pretty. And Michelle’s butt-ugly—just look at her.”

I didn’t reply—I never replied—and fought the urge to turn and face them. After I got my books, I walked quickly to class and kept my eyes trained on the floor.

この前後を見たい方は下記のサイトにアクセスしてください。

http://www.brooklynrail.org/2011/02/express/from-nina-revoyrs-wingshooters

続きを読む >>
| 中落合中太郎 | ニーナ・ルヴォワル | 22:41 | comments(0) | - | pookmark |
’94年ロサンゼルス郊外で死んだ日系二世の老人は遺族の知らない少年に遺産を残した。その少年を探すうち老人の秘密が明らかになっていく−「ある日系人の肖像」ニーナ・ルヴォワル
 <ミステリーとして>
扶桑社ミステリー文庫である。
日系人差別と黒人暴動と重い背景が横たわるがミステリーとして、おもしろい。

あらすじに書いてしまったが殺人の容疑者は白人警官ニック・ローソンである。被害者の従弟であるジェームス・ラニアーがローソンに動かぬ証拠を突きつけられるか。

「刑事コロンボ」(彼もロサンゼルス警察の警部だなあ)スタイルのストーリー展開!ふふふ。そのほかにも秘密はあるのだ。

<ミステリー好きでないひとも読んでほしい>

「ある日系人の肖像」という標題でなかったら、ミステリーアレルギーの中太郎は読まなかったろう。

中太郎の神さんの親戚がカリフォルニアにいることはこのブログに書いた。「カリフォルニアご親戚訪問記」というカテゴリーである。お気楽な話である。

山崎豊子さんの作品で松本幸四郎さん主演で大河ドラマになった「二つの祖国」は衝撃的であった
がその日系人の歴史が身内のものになったのだ。

しかし、収容所や戦後の日系人のことなど親戚にはとても聞けない。それを私はこの作品で知ろうとした。

<日系アメリカ人の歴史を思い知った>
強制収容の前に何があったか。
二世は収容所のことをなぜ三世や四世に話さないのか。

パット・モリタは「日本語はわかるが話すことはできない」となぜ言ったのか。
リトルトーキョーやサンフランシスコのジャパンタウンになぜ日系人が少ないのか
「二つの祖国」はなぜ日系人に非難されたのか。

だいたいわかるよ。


あらすじ(結末は書かないが意外な結末だ。)

<日系二世フランク・サカイの遺書と孫のジャッキー>
1994年ロサンゼルス郊外、カルバーシティで日系2世のフランク・サカイが死んだ。検認される正規の遺書とは別に遺品の中から3万8千ドルの現金と1964年に書いた遺書らしきメモが出てきた。

そこにはブライアント通り3,601番地の店はカーティス・マーティンディルに遺贈する、と書いてあった。

フランクの次女ロイス・サカイが調べたところ、カーティス・マーティンディルはロサンゼルス郡には今いない。ロイスはカーティスを捜してほしい、と姪のジャッキー・イシダに頼んだ。

ジャッキーはロイスの姉の娘である。スタンフォード大学を卒業してUCLAのロー・スクールの3年生。学位をとれば弁護士だ。

ジャッキーはこの仕事を引き受けた。まず、祖父フランクの葬儀の会葬者にあたった。そこから祖父の意外な側面が見えてくる。

<いとこを殺した容疑者を追う黒人男性ジェームス・ラニアー>

もう一人の重要人物が黒人の中年男性ジェームス・ラニアーだ。彼はカリフォルニア州立大学を卒業してロサンゼルスの公民館の職員をしている。、彼は1965年に起きたワッツ暴動(Watts Riot)でいとこが白人警官に殺されたと信じていた。証拠を集めて元警官ニック・ローソンを起訴に持ち込もうと執念を燃やしていた。

ストーリーは日系3世の弁護士の卵ジャッキーと黒人公務員ジム・ラニアーの二人を中心に展開する。

強制収容などの日系人差別、黒人への永年の迫害と公民権運動。ストーリーの背景にはこれらが黒々と描かれる。


続きを読む >>
| 中落合中太郎 | ニーナ・ルヴォワル | 08:04 | comments(0) | - | pookmark |
「はつでんじょ」か「はつでんしょ」か漢文に造詣の深い海江田経産相
JUGEMテーマ:原発
 <はつでんじょ>

海江田万里経済産業大臣が民主党代表選挙に名乗りをあげた。
海江田さんのルーツは鹿児島県だそうだが、雰囲気は江戸の大店の若旦那である。

じつは前から海江田さんのことで気になっていることがある。

フロント企業から献金をもらっているというような大したことではない。

海江田万里経済産業大臣の五月の記者会見で、海江田大臣が「福島第一原子力発電所」をなんども「はつでんじょ」というのである。

経済産業省は電力会社の所管官庁なので、その長が「はつでんじょ」というのなら尊重しなければなるまい。


はつでんじょが正しいのか?>

私は北関東の田舎の出で、小学校の先生が「イド(江戸)幕府」「シュウギエンギエン(衆議院議員)」と講義する環境で育った。

「子宮筋腫」を「しきゅうきんし」と大学に入るまで信じて疑わなかった。
「はつでんじょ」はおかしい、など断ずる資格はない。

<所を「じょ」と発音するものと「しょ」、と発音するもの>

「じょ」になるものと「しょ」になるものと規則性があるのだろうか?

「所」を「じょ」と発音するケース

●海軍操練所so o ren jo 
 幕末に勝海舟が設立した幕府海軍の学校。維新後、海軍兵学校。

●海軍伝習所den shuu jo 
 幕末にオランダ人から海軍技術を学ぶため幕府が長崎に創立。

●問注所mon chuu jo 
 鎌倉時代、室町時代訴訟を扱った幕府の役所

●公文所ku mon jo 
 平安時代、国衙の公文書を取り扱った役所

現代では、どうか?
保健所ho ken jo、
自動車教習所kyo shuu jo、
自動車練習所ren shu u jo
喫煙所ki tsu en jo
休憩所kyuu kei jo
便所ben jo
洗面所sen men jo
運転所un ten jo
精錬所se i ren jo
研究所ken kyu u jo

けっこうありますね。

「しょ」と発音するケース

●評定所hyo u joo sho
 徳川幕府の大名、旗本およびそれらの家臣を裁く裁判機関

●町奉行所machi bu gyoo sho 
 江戸時代、町人、百姓などを対象にした司法警察機関

●養生所yo joo sho 
 享保年間にできた幕府の医療機関。

●運上所 un joo sho 
 幕末にできた徳川幕府の税関。

●蕃書調所ban sho shi ra be sho 
 幕末にできた西洋の文物を取り扱う機関。東大の前身となる。

●講武所koo bu sho
 幕末、幕臣に武芸を教授した学校。

現代では、
裁判所sai ban sho
登記所too ki sho
市役所shi ya ku sho
事務所ji mu sho
社務所sha mu sho。

どちらもあるとおもえるもの

公共職業安定所 kou kyou shokugyo an te i shoまたは an te i jo.

前の音節が「ん」のとき、「所」は「じょ」と発音するのでないか。

保健所ho ken jo、 喫煙所ki tsu en jo、精錬所se i ren jo、喫煙所 ki tsu en jo

裁判所はこの規則に当てはまらない。

例外として、「所」の前の音節が濁音と「ん」で構成されると「しょ」としたのではないか。

sa i ban joと
濁音が続くのを嫌う傾向があるのではないか。
sa i ban sho

便所ben joは汚いものだから、濁音が続いてもいい、とか。

<発電所はha tsu den shoだ>

この規則に従えば、sho の前がden 濁音なので、音としてはha tsu den sho とした方がいいということになるか。

「はつでんじょ」と海江田さんのルーツとかかわりがあるのか

 訛りの問題だろうか。
福岡県の年輩の方で「先生」を「しぇんしぇい」と発音する方がいた。

江戸っ子はヒとシの区別が苦手で潮干狩りを「ひおしがり」というし、我々北関東の者は、中学校を「チーガッコウ」、イとエの区別ができないので江藤さんなのか伊藤さんなのかわからない。

上方の落語を聞いていると「交番所(kou ban sho)に行って」などという表現が出てくる。地方独特の表現がある。

海江田さんは杉並区の出身で都立鷺宮高校から慶応義塾の政治を卒業された。鷺宮高校の前身は都立家政女学校で西武線の「都立家政」駅はここからとった。

<薩摩がルーツ>

海江田という姓で思い出すのは海江田信義。近代陸軍の基礎を作った鬼才、大村益次郎(靖国神社に銅像がありますわね)暗殺の黒幕と言われた男である。

維新前は海江田信義は有村俊斎という名で、安政年間から薩摩の志士として活躍した。生麦事件で英国人にとどめをさした。示現流の使い手であり、西郷隆盛の秘書役もしていた。

大村益次郎をえがいた司馬遼太郎の「花神」では、ことごとに大村と衝突して大村を恨んで暗殺に至ったと書いてある。

海江田万里氏の先祖も鹿児島県日置郡の出身とある。

hatsuden-joは薩摩の表現と関係があるのかもしれない。

<ジャーナリストの子にして漢文の専門家>

海江田さんの父は毎日新聞の論説委員も務めた。中国、台湾に駐在した父上が息子に「万里」と名付けたそうである。

<中国文学者チンペイさんの秘書>

政治家、税務の専門家であり税金党創設者の野末陳平氏に海江田氏は私淑し税金党から立候補したこともある。

陳平さんは中国文学にも造詣が深い。海江田さんも師匠同様、漢文に長け、漢詩も創作される。

当然、漢字に詳しい。

明治維新のとき、江戸を東京に改名した。
当時、東京は「トウケイ」であったという。漢音では「ケイ」が正しいそうな。

ところが東(あずま)の京だから「トウキョウ」だと、現在の読みが一般化したそうな。

教育勅語、軍人勅諭の勅は本来、敕が正字



漢籍の泰斗からすると現代の慣用読みが我慢ならず、正しい読みを凡愚に教える意味で「はつでんじょ」と繰り返したかもしれないね。

| 中落合中太郎 | 海江田万里 | 22:04 | comments(0) | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 超能力新聞記者があふれる日本のマスメディア-『ジャーナリズム崩壊』上杉隆(幻冬舎新書)
    憂国 (01/21)
  • 超能力新聞記者があふれる日本のマスメディア-『ジャーナリズム崩壊』上杉隆(幻冬舎新書)
    (07/23)
  • 北カリフォルニアのミカン畑に行く。<湯葉シティYuba CityのKenzo Sushi>―おふくろ様カルフォルニアご親戚訪問同行記その7
    中落合中太郎 (09/23)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE